教授の恋〜1〜


教授、ダウンタウンで麻美とデート中。
麻美のネグリジェ姿にご満悦です。
麻美の後ろに、偶然通りがかった高山の姿が。


教授、仕方なく高山と握手。
ご近所さんとは仲良くしておこう。だって、友達の数は多い方がいいもんね。職業レベル上がるし。



今度は花束のプレゼント攻撃。
赤いバラを背中に隠して……



ぱっと差し出しました。
キザだ。小説の中の教授だったら、絶対しないだろうな。


喜ぶ麻美。
おお、二人の頭上にハートマークが!!でもまだピンク色なので、甘い甘い。ハートが赤になって、はじめてメロメロ状態でプロポーズできるようになるのです。


電話で麻美を自宅に呼び出し、お迎えのキス。



今度はオールドタウンでデート。
スーツでびしっと決めた教授だが、オールドタウンでは浮いてた……。しかし、そんなことは気にしない。麻美を抱き寄せ、にんまり。


四回目のプロポーズでやっと指輪を受け取ってもらえました。
つーか、麻美さん。「お腹がすきすぎて、そんなこと考えられない」とか言ってプロポーズを断るなんてヒドすぎるぜ。
床にご飯が置かれている、うれしくない場所での婚約成立。


めでたく結婚いたしました。
長かった……。三時間(ゲーム時間)かかった……。
これで晴れて、麻美がRED INK家に仲間入り。



ちなみに、教授が恋に忙しい間、侑と遼はずっと適当に放っておかれてました。

「今日も細山田(教授)のヤツ、デートだってよ」
外食する侑と遼。

**SIM トップページ**